初めての注文住宅!カーテンレールを付けるとクローゼットが開かない…

 

家を建てたきっかけは子供が生まれ、アパートでは手狭になったからです。予算内で自由に間取りが決められるなんて夢のようで楽しかったです。

そして完成、入居。

 

裏側は2階バルコニーを広く作ったので重厚感があってバッチリでしたが、肝心の表の外観までこだわらなかったというか、気が回らなかったのでカッコよくありません。

 

壁があって窓がポンポンと付いて普通に玄関という感じです。

でももう直せないし家があるだけ有り難いと思うことにしました。カーテンレールは主人が自分で出来るので、寸法を図ってホームセンターで購入しました。

 

そこでまた設計ミスを発見したのです。

普通カーテンレールを窓枠の外に付けますが、1ヵ所の窓だけそうすると、クローゼットが開かなくなってしまうのです。

幸い窓枠の内側に主人がうまく設置出来たのでひと安心しました。

 

ほぼ毎日建設するのを見に行っていたのに大工さんも気づかなかったのでしょうか。

元々図面を作る時にプロの目で見つけて欲しかったです。

 

あと、我が家には開かずの窓があります。

リビングの明かりとりの為にハウスメーカーさんから「ここに是非窓を付けるべきです。」と言われプロのご意見ならと渋々承諾したのですが、お隣の窓の位置と大きさがピッタリ同じでお互いの窓が開けられない事態になってしまいました。

 

なので、カーテンを閉めっぱなしです。

それでもリビングは日当たりが良すぎて眩しいくらい明るいです。当初は家具が置けるように壁の予定だったんですけど。時々無性に気になってベニヤ板でも張ってしまおうかしらと思ってしまいます。

 

そして我が家の最大のミスは、リビングに階段があることです。

子供が大きくなって反抗期になってもリビングを通らないと2階に上がれないように、「おかえり」を必ず言ってあげたい親心で考えたのですが、冬がとにかく寒いです。

 

エアコンだけでは底冷えするので、コタツと石油ストーブも使っています。

2階からスーっと冷たい空気が降りてきて辛いです。主人が「断熱材手抜きして入れなかったんじゃないの?」なんて言いますが、それは私が建設中見回りして確認したので大丈夫です。

 

あとは外環境なのですが、家の前が人工の池です。

正面に家がないので車を駐車するときも思いきり頭をふってバック出来るし、人目も気にならないのが気に入って家を建てましたが、水辺を伝ってくる風は本当に寒いです。

その池が大雨で一度だけ氾濫しました。

 

朝5時頃に消防車が「避難して下さい」と知らせに来て、1ヶ月前に車を新しく買い換えたばかりだったので焦りました。

水が引いた後は下水も混ざってしまったので数日悪臭が漂っていました。

 

水辺の家も普段は野鳥を眺めたりして良いこともありますが、災害のことも考えて家を建てましょう。

満足な家作りは難しいです。住んでみないと気がつかない事が結構あるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。