庭に出現する蚊とムカデに悲鳴!注文住宅は広ければ良いってわけじゃない

 

一戸建て注文住宅を建てて失敗だったって思うところはまず天井が高すぎたこと。

天井を高くすれば開放感があると単純に考えていたので暖房とか冷房の利きについて考えてなかった・・・。

 

実際住んでみたら冷暖房の利きが悪くて電気代灯油代がバカにならない。

冬になるとホントに寒くてこたつから出られなくなるから、エアコンと石油ストーブとヒーターを使っています。リビングも広めに造ったから余計に暖まるまで時間がかかる。おまけに窓を多くしちゃったから冷えが家の中まで伝わりやすいんですよね。これならしっかり断熱工事をしておくべきだったんです。

 

それから山を整地したところに建てたから虫が多いんですよ。

土地を見たときには虫がそこまで多くなかったから安心していたんだけど、それが冬だったから虫が少なくて当然だったわけで・・・。

 

夏にその土地を見に行っていたら虫が多いことに気づいたからそこに家を建てることはしなかったです。だってわたしは虫が大の苦手だから。

ムカデも家の中に入ってくるし蚊も入ってくる。

 

山に住んでいる蚊は大きくてたくましいですよ。

服の上からも針さして吸血しますから。追い払っても追い払ってもカラダの周りを飛び回って少しでも隙を見せると吸血されます。

 

ムカデも迷惑だけど蚊が出る季節になると家から出るとき恐怖さえ感じます。

だから庭でバーベキューなんてできないです。家を建てたとき一度だけ親戚一同呼んでバーベキューしたけれど北風吹く寒い中でやってそれ以来誰もバーベキューをしたいと言いません。

 

庭自体結構広いんですが、その庭をまったく活かせていないんですね・・・。

田舎だから庭は広いんです。その広い庭には芝を植えてあるだけ。家庭菜園もできそうなのに庭に出るのが怖くて誰もやろうとしません。

 

あまりにも庭が活用されていないので最近庭を削って駐車場にしようという案が出ています。

もちろんわたしも大賛成。早くコンクリートで整地した駐車場に変えて欲しいです。

 

それから2階にある納戸が4畳くらいあるのもちょっと広すぎたんじゃないかなと後悔しているところ。

田舎だから結構大きい家が多くて我が家も広めの造りなんですが納戸は広すぎたのかなと。

 

各部屋に収納があるんだからそんな大きな納戸なんてどう考えても要らないんですよ。

家を建てるときは冷静になって本当に必要なのかどうなのかちゃんと考えることが大事ですね。

 

初めての注文住宅なので舞い上がってしまいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket